tuesday

鶏もも肉と葡萄のソテー

1/-
coeur

coeur

秋に楽しみたい鶏肉とぶどうのソテー。 鶏の皮目をぱりっと焼いて、ジューシーなぶどうを一緒にバルサミコで仕上げます。 とっても簡単なのに来客時にも、ちょっとワイン飲みたいなと言うときのおうちご飯にも重宝します。 レシピ 1.鶏もも肉に塩こしょうし、ニンニクとローリエをのせる。 2.フライパンにオリーブオイルを熱し、鶏肉の皮目を下にして入れ、弱火でじっくりこんがりと焼く。 皮目がパリッとしていい色に焼ければ、ひっくり返して鶏肉に火を通す。この時一緒にぶどうを入れ、料理酒をふりかける。 (火が強いと、葡萄から出たジュースが焦げてしまうので気をつけてください。) 3.鶏肉に火が通れば、鶏肉のみ取り出し器に盛り付ける。葡萄の残っているフライパンにバルサミコを加えて少し煮詰めてソースを作り、鶏肉にかける。 たったこれだけです。 秋を満喫できる、おいしい1皿が出来上がりますので、どうぞお試しください。 この時はちょうど緑のものしかなかったのですが、紫色のぶどうだとシックに仕上がります。 ちなみにぶどうは、贅沢に日本産の種無しのものでも良いのですが、種のない安い輸入ぶどうがスーパーでよく売っていますよね。そちらの方が甘すぎずさっぱり仕上がり、皮も薄いので食べやすいと我が家では人気です。 日本産のおいしいぶどうは、ぜひデザートに堪能していただきたいです。

本当にコメントを削除しますか?

この記事のキーワード

この投稿の募集テーマ

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる