Monday

【レシピ付き】手作りの柚子ジャムで冬のあたたかな贈り物

柚子茶にしても楽しめる、オリジナル柚子ジャム作りをご紹介します。家中に柚子の香りを漂わせながら、手間暇かけてグツグツと。完成したものは、オリジナルの包装で心を込めて。なかなか会えない大事な人へ、冬のあたたかな贈り物の完成です。 続きを読む

Today's MANEKU Style

寒い季節に大事な人への贈り物

柚子が出回り始めた頃に作っておいた柚子ジャム。

お裾分けしようと保管していた分を、このご時世でなかなか会えない妹へ贈ることにしました。

せっかくなのでしっかりと包装してお届け。

贈り物を準備している時間は、わくわくしてとても好きです。

部屋中に柚子の良い香りを漂わせながら、せっせとジャム作り。 

実と皮を分けて、果肉を絞ります。 ジャム作りに必要なしぼり汁を濾す作業は、コーヒードリッパーにお任せ。 

苦味軽減に欠かせない皮の内側をとる工程は、時間を忘れて集中できるので実は好きな作業です。 

きれいになった皮は千切りに。 

あとは全ての材料をお鍋に入れて様子を見ながらグツグツと。 (種はお茶パックに入れて一緒に投入→5分くらいで取り出しました) 

煮沸消毒した瓶に詰めて完成です。 

長く楽しみたいので、お砂糖たっぷりで濃度100%。 皮の重さとしぼり汁の量をきちんと図って、同量のお砂糖で大丈夫。甘いのが苦手な人はお好みで加減して。いろいろと調節できるのが手作りの良いところ。

「中川政七商店の100枚レターブック」 

絵柄の違う紙が100枚綴られています。

「切る・貼る・贈る・飾る」といった様々な使い方が楽しめるレターブックです。

今回は、ジャムの帽子作りに使いました。 


ページを捲って柄を選んで。

キャップより一回り大きく切って被せたら、麻紐で結んで完成。


他にもポチ袋を作ったり、雑貨作りに使ったり。裏面に罫線が入っているページもあるので、便箋としても使えます。


贈る相手や季節に合った柄を選ぶのもとても楽しい時間です。

MANEKU Tips

まだまだ寒いこの頃。 柚子ジャムでほっと一息。

出来上がったジャムをお湯で割って柚子茶として飲むのもおすすめです。(お好みで蜂蜜もプラス) 


耐熱ガラスのカップ(KINTO)を使うと柚子の綺麗な色も見えるし、お湯の中で柚子の皮が躍って目でも楽しめます。

記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる