Tuesday

お正月にピッタリ「りんごきんとん」のレシピ付き♪家族が喜ぶ三段重おせち

新年にいただくおせち。我が家では、手作りと市販のものを混ぜ込んで、家族が好きなものばかりを詰めた三段重のおせちが定番。栗きんとんならぬ、りんごとさつまいもで作る「りんごきんとん」入りなのが我が家流。甘過ぎず、子どもも大好きな簡単レシピ付きでご紹介!お重は松屋漆器店のもので、仕切りの取り外しが出来るので、大変便利でおすすめですよ! 続きを読む

Today's MANEKU Style

手作りと市販品を詰めた三段重

毎年、作れるものは作って、あとは市販品にお任せの三段重のおせち。

今は洋風や中華など、昔ながらのものとは違った多種多様なおせちが多く、個人的にはいい時代になったなぁと思います。

私が小さい頃は食べたいものがあまりなく、おせちを喜べなかったので…今は家族が好きなものばかりを詰めています!

おせちの役割の保存などは出来ず、あっという間に食べ尽くされてしまいますが、飽きることなく食べられるので、それでいいかなと思っています。

お重の中身を紹介します。

一段目は筑前煮とローストビーフ。

ローストビーフは夫担当です。

ピンクペッパーを散らして華やかにしました。

二段目は買ってきたものです。

柚子をくり抜いていくらを詰めました。

柚子の香りがほんのりして、爽やかないくらになります。

三段目は、なます、きんとん、焼豚以外は買ってきたものです。

お重の幅に合わせて切ったり、色味が重ならないように配置したりすると、見た目も綺麗に仕上がると思います。



我が家は毎年りんごきんとん

夫が栗嫌いなため、我が家は毎年”りんごきんとん”です。

甘過ぎず、子どもも大好きです。

簡単レシピを紹介します♪


◯りんごきんとん


りんご…1個

砂糖…大さじ2

レモン汁…大さじ1


さつまいも…中くらい1個

砂糖…大さじ2


①さつまいもはイチョウ切りにし、水にさらしておく。

②鍋に角切りにしたりんごを入れ、砂糖、レモン汁を加え柔らかくなるまで煮る。

③その間にさつまいもを耐熱容器に入れ、600Wのレンジで3分程加熱する。

④柔らかくなったら砂糖を加え、マッシュする。

⑤林檎を煮汁ごと混ぜ合わせる。


素材の甘さなどでお砂糖の量は加減して下さい♪



お正月はもちろん、運動会やパーティーでも活躍する三段重。松屋漆器店のものです。

この仕切りが本当に便利です。

取り外しが出来て、二分割、四分割、九分割と使い分けられます。

MANEKU Tips

新年のお酒

一年の始まりに飲むお酒は、地産地消を意識し、なるべく地元のお酒を選んでいます。

地元への感謝、応援などの気持ちを込めて、家族の無病息災を願います。


記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる