Sunday

手作りスワッグの作り方と、シュトーレンで楽しむお家クリスマス!!

日に日に寒くなってきて、クリスマスまでもう少し。街もクリスマスムードが盛り上がってきて、1年で1番ワクワクする季節ですね。今回は、庭で育てたもみの木、ポポラス、オリーブの葉を使って作る「自家製スワッグ」の作り方をご紹介!家中に飾ってインテリアを楽しみつつ、クリスマスを待ちわびながら食べる「シュトーレン」。クリスマスまでカウントダウンしながら、おうち時間を楽しみましょう! 続きを読む

Today's MANEKU Style

スワッグを手作りしました!

クリスマスまでカウントダウンが始まりました。

クリスマスのわくわくした気分を盛り上げる為に、庭で育てたもみの木、ポポラス、オリーブを使って自家製スワッグを手作りしました。

クリスマスに飾りたい自家製スワッグ

毎年クリスマスが近づいてくると、庭で育てている”もみの木”などを使って、スワッグを手作りしています。


スワッグは材料も少なく、ただ束ねるだけで、ナチュラルな雰囲気になるのが魅力です。

リースより短時間で出来るし、グルーガンなども使わないので火傷の心配もありません。


自己流ですが、私の作り方を説明させて頂きますね。



材料はこちら

◎もみの木

◎ユーカリ ポポラス

◎オリーブ

◎松ぼっくり

◎コットンフラワー

◎ドライフラワー等

◎赤い実

◎フローラルテープ

◎裂き布やリボン等🎀


赤い実や、フローラルテープは、100円ショップで購入しました。

いらない枝をカット。

後で纏めやすくする為に、根本の葉も外しておきます。

枝を纏めたら、フローラルテープを使って纏めます。


フローラルテープは、伸ばすと粘着力が増すので、伸ばしながらぐるぐる巻いて下さいね。


バランスを見ながら、どんどん束ねて

いき、その都度フラワーテープで巻いて下さい。


枝を束ね終わったら、

赤い実や松ぼっくりなどをお好みで

バランス見ながらワイヤーで

巻き付けていきます。

こんな感じになりました。

赤い実がクリスマスっぽい!


あまり厚みは出さず、横に広がる感じにすると飾りやすいと思います。


完成までもう少し!



壁に吊るせるように、麻紐などで背後に輪っかを作ります。


フラワーテープを隠すように裂布やリボンで縛ったら完成です。

30分位で出来ましたよ。



私は裂き布のラフな雰囲気が好きなので、裂き布を使いました。


チェックの裂き布。

ナチュラルで良いですね。

クリスマスっぽく、スモーキーなピンクを使っても可愛い。

リボンをあえて結ばず、ぎゅぎゅっと♡


日数を経て、フレッシュな状態からドライに変化していく様子を眺めるのも楽しいです!!

カットした廃材を使って、ミニミニサイズのスワッグも作成。

こちらは玄関の板壁に。



初めての方やお子さまでも素敵なスワッグが作れるので、是非気軽に挑戦してみて頂きたいです♡

完成したスワッグは、ダイニングの板壁に飾りました。

くまさんには、手作りしたサンタ帽と

マフラーを。


TAKIBI BAKERY のクリスマスシュトーレン

クリスマスの時期のお楽しみ♡


ドライフルーツやナッツがたっぷり入ったシュトーレン。

ドイツの伝統的なクリスマス菓子だそうです。


今年は「TAKIBI BAKERY」のシュトーレンを購入しました。

包装紙が可愛くてワクワクします♪

薄く切って、少しずつ

クリスマスまでカウントダウンしながら、薄く切って、味の変化を楽しみながら食べる「シュトーレン」。


少しずつと言いながら、美味しくてついつい食べてしまうんですけどね。笑


コーヒーと一緒におやつに頂きました。

ラム酒漬けされたドライフルーツに、しっとりした生地が美味しい♡


何かと忙しないこの季節ですが、のんびり一息過ごす時間も大切ですね!!


シュトーレン食べながら、クリスマスまでのカウントダウン。

家族と一緒に楽しんで過ごしたいです。



シュトーレンを載せた器は、よしざわ窯のもの。

ツリー柄がこの時期にぴったり🎄

スモーキーな色と質感が、とってもお気に入りな器です!

MANEKU Tips

コーヒーポットも冬支度

寒さが厳しくなってきたので、コーヒーポットに手編みのセーターを着せてあげました。


レトロなネップ入りの毛糸に、レザーをプラスしてちょっとおめかし。


保温性は謎ですが(笑)

見た目はほっこり暖かく♡

コタツでぬくぬくしながら編み物も楽しいですよね🧶



記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる