Tuesday

12月の暮らしかた。お節や鏡餅etc.新年を迎える準備と「お味噌汁」の薬膳も

寒くなってますますおうちに籠りたくなる日々。クリスマス用にフレッシュなリースやスワッグをお迎えして、そのあとすぐに来るお正月用のお重や器をチェックしたりと、年末年始の準備は楽しみながらゆるりと進めていきたいもの。そんな寒い季節の薬膳に、今回は「お味噌汁」をご紹介。具材を工夫すれば効能アップに期待も。気忙しくなりがちな12月、良い締めくくりにしていきましょう。 続きを読む

Today's MANEKU Style

12月の暮らしかた。我が家の新しい取り組みといつも通りのこと。

12月【師走】

旧暦の12月、師走は馴染みのある呼び方ですね。

もちろんたくさんの云われはありますが、よくイメージするのは師匠である僧侶がお経をあげるために、東へ西へ忙しく馳せるという意味の「師馳す」。

また万葉集のころから使われていたとされる、年が終わるという意味の「年果てる(としはつ)」が変化したとも。


気忙しく過ぎ去りそうな12月も、年末にかけて良い締めくくりができるように過ごしたいものですね。

シンプルなアレンジが、今年の気分。

子供たちが小さかった頃は、大きなツリーやIKEAの本物のモミの木のツリーで楽しんでいましたが、最近はアレンジやスワッグを飾るシンプルなクリスマスのデコレーションが主流の我が家。


今年も少しずつクリスマスの準備をしていきます。


先日、骨董市で買った 銅のお皿もいい感じに。



クリスマスプレゼントの準備も、自分らしく。

大好きなお友達や、お世話になった方へのクリスマスプレゼントも準備します。

コロナの前までは年末に会ってプレゼントを渡せていたのですが、このご時世になってからはもっぱら送ることが多くなりました。


でも、ラッピングしながら思いを寄せるのも、とってもいい時間になります。


プレゼントは自分が使ってよかったものや、その方に似合うものをチョイス。

今年は何にしようかな…。

年賀状も手書きで、思いを込めて。

お仕事柄、年賀状は手書きで送ることにしています。

時間はかかりますが、それも日本の素敵な風習なので、できる限り続けていきたいなと思っています。

今年取り入れたいこと、いつものこと。

おせち料理は毎年、義理の実家で3家族分のお節を作ります。

30日から仕込み、31日と連日台所に居座りながら、つまみながら時間を過ごします。


我が家のお重も事前にチェック。

どこに何を詰めようかイメージしていてもついつい欲張りすぎて、結局最後はタッパに。(笑)


くるみの木のお重と、日高直子さんのお重のためのうつわは、大事に大事にしているのでこの時期にしかお目見えしません。

準備をしていると年末感がします。

入れてもよし。

出してもよし。

初めて試みようとしてるのは、鏡餅作り。
今までは、売っているものをセットして終わりだったのですが、子どもたちは割れてくるお餅や、カビが生えたりする経過を見たことがないのでは…とふと思い、自宅でお餅を作り、鏡餅にしようと思っています。

先駆けて、吉野杉で作られている三方を買いに、吉野山までいってきました。

お正月も楽しみです。

市原平兵衛商店の朴の木のお玉

毎日使うものは、自分の心地の良いものにしたいと思っていて、お玉が鍋底にこすれる感じがどうにかならないかな…と、木のお玉を探していたところ、動画で木のお玉を紹介されているのを見つけました。


偶然にも、お稽古に通っている京都の師匠のお教室に近いお店で販売していたので、無事お迎えすることができました。

kousuiのキッチン薬膳

寒い朝には温かいお味噌汁だけでご馳走に。


【お味噌】

意外にも寒性の食材です。

余分な熱を取り除く効能があります。

発熱や身体のほてりなどにいいとされています。

また、喉の痛みやニキビなど皮膚の炎症にも効果があるので、中に入れる具材で工夫すれば効能はアップします。

発酵食品でもありますので、免疫力UPにも腸内環境を整えるにも効果があります。


MANEKU Tips

木の道具のお手入れ

台所にはお気入りを、と思っていると、どんどん木でできているお道具が増えていました。

乾燥が気になるこの時季には、木のお道具もお手入れしてあげます。

専用の油もありますが、私はオリーブオイルでケアすることが多いです。

新しい晒に少しのオイルを含ませてお手入れして、また毎日頑張ってもらいます。

記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる