Tuesday

手作りリースとアドベントカレンダーで子供と楽しむクリスマス準備

一年の中で一番ワクワクする今の時季。毎年欠かさず作っているクリスマスリースは、針葉樹をたくさん使い、自分好みの落ち着いた雰囲気に仕上げます。セリアの袋と枝物で作ったアドベントカレンダーには、ナゾトレやクイズもインして子供たちも楽しめるようにとひと工夫。サンタクロースが訪れるその日までを楽しむわが家の冬の過ごし方をご紹介します。 続きを読む

Today's MANEKU Style

クリスマスを迎える準備で気分も盛り上げて

私が一年の中で一番ワクワクするのは、クリスマスを迎えるまでの今の時季です。

クリスマス色に染まっていく街並みを眺めながら、わが家もサンタクロースが訪れるその日までを楽しみます。

アドベントカレンダー作りなどのクリスマス準備をしながら、気分を盛り上げちゃいましょう。

毎年欠かさず作っているクリスマスリース。

これは子供達用ではなく自分用なので、針葉樹をたくさん使って実ものも落ち着いた雰囲気に、私がホッとできるものに仕上げます。


自分のためのリース作りは、無心になれる大切な時間です。


夜の時間が長くなる冬には暖かな光が恋しくなるので、作ったリースは壁にかけても、テーブルにキャンドルと一緒に置いても飾ることのできるものにしました。

灯をともしている時には、その場を離れないようにしないと危ないので、LEDキャンドルも気になっています。


子供達用には、アドベントカレンダーを!


昨年使った100均セリアの袋とクリスマスのイメージのある枝物を用意して作りました。

以前は子供達が寝てからコソコソと作っていましたが、工作好きな娘は作りたい派なので今年は日付の数字を書いてもらいました。

袋の中にはお菓子やハンカチ等を入れますが、一番苦労するのが一緒に入れるナゾトレやクイズ。


簡単なクイズだと「簡単すぎる!」と言われ、

難しいと「わかんない」とブーブー言われますが、

楽しみにしてくれているので、調べて検索して…。

夜な夜な頑張っています。


本来であれば12月1日からクリスマスの日数を数えるためのカレンダーですが、クリスマス1週間前からなど自分の好きな時から始めても十分楽しめます。

アドベントカレンダー作りに使った赤い麻紐は、コンクリートと枝で自作した麻紐ホルダーに飾っています。

まるでリンゴのようでとっても可愛いです。

クリスマスにリンゴを飾るのは、アダムとイヴの禁断の果実を象徴しているそうですね。



家の中をクリスマスの雰囲気にしていくと、日頃はほとんどインテリアには使わない赤色が少しずつ家の中に増えてきます。


暖かくて、元気いっぱいなイメージの赤からたくさんのエネルギーを分けてもらい、忙しない師走も乗り切れそうです!!!

MANEKU Tips

リース作りの欠片たちをキャンドルに

リースやスワッグなどを作っていると、どうしても小さな欠片がでてきます。捨ててしまうのももったいないし…と思った時には瓶に入れたり、キャンドルに付けて楽しむのもオススメです。

記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる