Monday

パーティーの〆にも◎ちょっぴり贅沢で手軽に作れる鯛にゅうめん

夏にまとめ買いした素麺を使った、簡単に作れて少し贅沢な"鯛にゅうめん"のご紹介です。温かいにゅうめんは寒いこの時期にぴったり。食べたいときにさっと作れるのでパーティーの〆にもおすすめです。 続きを読む

Today's MANEKU Style

あったか鯛にゅうめんに心身ともに癒される♪

夏にまとめ買いしたそうめんをアレンジしてこの時期にぴったりなあったかにゅうめんのご紹介。

簡単でちょっぴりスペシャルな一杯に

寒いこの時期に温かい麺は欠かせません!

今回はちょっと贅沢な、でも手軽にできる鯛にゅうめんのご紹介。

小どんぶりに盛り付ければパーティーの最後に粋な〆の一杯になること間違いナシ♪


作り方のご紹介。

①ボウルに醤油、酒、みりんを入れてレンジで30秒程加熱します。

②①に生姜のすりおろし、すりごまを入れ混ぜたところに鯛のお刺身を入れズケにしておきます。

③鍋に水と白だし、みりん少々を入れて火にかけ、だし汁を作ります。

④そうめんが茹で上がったら器に分け、熱々のだし汁を半分かけたところで麺をほぐし②を乗せ、残りのだし汁を上からかけます。こうすることでちょうど良い具合に鯛に火が入ります。お好みでねぎとかぼすを飾り、ごま油を一周回しかけたら完成です。


ポイントはだし汁を気持ち甘めに作っておくと主役の鯛とのバランスが◎

優しい味のだし汁と香ばしいごまの風味にかぼすの爽やかさ。そこにほんのり火の入った鯛が加わってなんとも贅沢な一品。

パーティーの〆などに短時間で作りたい時は鯛は事前にタレに漬けておき、だし汁も事前に用意しておけば、あとはそうめんを茹でるだけですぐにお出しすることが出来るのでとても便利です♪

どこか懐かしい日本的な菊紋柄が印象的などんぶりは浅すぎず深すぎず鯛にゅうめんを盛り付けるのにぴったり。

和食はもちろん、エスニック料理や中華料理との相性もとても良く、電子レンジや食洗器にもかけられるので普段使いにとても便利です。

親しみやすい素朴な風合いはどんな食卓にもすっと馴染んでくれます。

MANEKU Tips

長崎島原の手延べ素麺

我が家はそうめんは一年中食べるので夏の時期に「長崎島原手延べ素麺」をネットでまとめ買いをします。

普通のそうめんよりも少し太めで弾力があり、小麦本来の味がしてとても美味しいです。

日持ちもしますし、食べたい時にさっと茹るのも魅力の一つ。

そうめんは我が家の救世主のような存在です

記事一覧へ

この記事のキーワード

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる