Thursday

体も心もあたためる冬のお仕度。大根のスパイシー炒めの作り方もご紹介

季節はぐんと進み、もうしばらくすると穏やかで優しいアースカラーの世界が広がります。厳しい寒さに備え、薪ストーブを始動させ、植物の配置替えをしたり、これからの時季はにんにくや生姜もたっぷりと使い、お食事もなるべく体があたたまるようなメニューを考えます。今回は体もぽかぽかする「大根のスパイシー炒め」もご紹介。暖をとる方法を試行錯誤して、少しずつ冬のお支度を始めましょう。 続きを読む

Today's MANEKU Style

体も心もあたためて 少しずつ少しずつ冬のお支度を始めます

秋は突然に深まって、季節はぐんと進みます。

畑の景色も山へと続く道も鮮やかに紅葉した木々に彩られつつ、日々刻々と冬へと向かっていきます。

かさりかさりと落ち葉の鳴る音も盛大に…

もうしばらくするといよいよ冬がやってきて、茶色の世界が広がります。

穏やかで優しいアースカラーには物悲しさと同時に安心感すら覚えますが、やはり寒さは厳しく、暖をとる方法は毎年試行錯誤しています。

我が家にある薪ストーブ。

こちらもいよいよ始動させます。

小さな子どもたちがいるので危なくないように柵をつけてあります。柵は夫のお手製です。

春から秋にかけては植物たちを置いているストーブ周り。

いろいろと悩みながら場所を変えていきます。

なるべくストーブの熱気から遠ざかるように配置をしたり、あたたかな窓際に集めてみたり工夫をして。

お食事もなるべく体があたたまるようなメニューを考えます。

お鍋をことことしながら手を動かす、忙しくも楽しいお台所時間です。

煮ものには根菜類を多めに使って…

体を内側からあたためられる、にんにくや生姜もこれからの時季はたっぷりと使います。

季節の野菜を使ってお気に入りのお鍋で、じゃんじゃん作るお惣菜はとても美味しいなあと思います。

今回は体もぽかぽかする大根のスパイシー炒めをご紹介します。


【材料】

オリーブオイル 大サジ1

にんにく、生姜 1片ずつ

あれば スパイスを少々

(今回はクミンシードとマスタードシードを使用。)

玉ねぎ 少し

A

大根 小さめ1本

(半分はすりおろし、半分は食べやすい大きさで薄めに切る。)

トマト 半分くらい

豆類 適量

(水煮ならばそのまま、下茹でが必要なものは準備をしておきます。今回はイエロームングダルを使用。)

B

お醤油 大サジ1

カレー粉 小サジ2


ココナッツオイルorバター 少々

塩胡椒 少々


【作り方】

鍋にオリーブオイルとスパイス、みじん切りにしたにんにくと生姜を入れて弱火で香りが立つまで熱します。

薄切りにした玉ねぎを加えてしんなりするまで炒めたら、一度火を止めます。

そこへAの材料とBの調味料を全て加えて蓋をして中火にかけます。

蓋がグラグラしてきたら弱火にして蒸し煮にします。

大根がお好みの柔らかさになったらココナッツオイルかバターを少し垂らして、塩胡椒で味を整えて完成です。

仕上げにきゅっとレモンを絞ると良いです。


ごはんにもパンにも、おつまみにもどうぞ。

今回は紅心大根という赤い大根を少し加えて、カレーリーフも使ってあります。

おうちにある他のお野菜も加えて作ってみてください。彩りよく美味しくなりますよ。

夏の間にせっせと摘んだカレンデュラの花びらを使ってカレンデュラオイルを作るのもこの時季のお約束です。

冬の乾燥やちょっとした傷にも効果があるので重宝します。

きらきらと宝石のような橙色がとても綺麗です。夏を思い出しながらの作業はとても楽しい。

よもぎ茶もやっと完成しました。秋のお味は深く豊かで素晴らしいのです。

和菓子にもあいますが、クッキーとの相性もばっちりです。秋の夜長のお楽しみに…

MANEKU Tips

クリスマスツリーがなくっても…

クリスマスツリーのない我が家。そのかわりに、祖母が作った大きな刺繍の絵を毎年飾ります。思い出話をしながら、わくわくしながら、クリスマスを楽しみにこれからの時間を過ごします。凝った飾りつけが出来なくても、クリスマスの小さな絵やポストカードをツリーのかわりに飾ってみるととっても楽しくなりますよ。

記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる