Tuesday

念願の「栗仕事」に初挑戦。栗おやつと読書で楽しむ秋の午後

ずっと作りたいと思っていた「栗の渋皮煮」作りに初挑戦!艶々に仕上がった渋皮煮は、そのまま食べるも良し、おやつにアレンジするのも良し。今回はクグロフ型のパウンドケーキにアレンジして、ホットコーヒーとともにほっと一息、読書タイム。ガラスシェードのランプに明かりを灯して、秋の味覚を楽しむおうちカフェをご紹介します。 続きを読む

Today's MANEKU Style

念願の栗仕事に初挑戦

毎年、「今年こそは!」と思ってなかなか挑戦できなかった栗仕事。

手間のかかるイメージで敷居が高かったけれど、初めての栗仕事ではそんな手間さえも楽しむことができました。

渋皮を傷つけないよう、慎重に鬼皮を剥く工程は、単調でありながら無心になれる、思っていた以上に面白い作業。


初めてにしては上出来と手前味噌。(笑)

子どもたちも食べるからと、ラム酒は控えたけれど、やっぱり入れたほうがよかったかなと次回への課題も見えました。

手間を惜しまず、時間をかけて煮詰めていくことで、こんなにも艶々に輝くんだなとしみじみ。


渋皮煮のアレンジで、クグロフ型のパウンドケーキを焼きました。

大好きな作家、東野圭吾さんの新刊をお供にいただく秋のおやつ。

ホットコーヒーも淹れて、家事の合間にほっと一息。

束の間の休息が心に沁みます。

シンクの上に佇む、ガラスシェードのランプ。

小ぶりなものと存在感のあるこちらで悩みましたが、これにして正解でした。

お気に入りの一つです。

いつかはガラス作家の蠣崎マコトさんのペンダントライトをお迎えしたいな。

ランプはこちらで購入しました。

【ガラスペンダントライト】



MANEKU Tips

ARASのマグカップ&豆皿タパ

0.8mmという薄い縁が口当たりの良さを演出してくれるARASのマグカップと、蓋にもなる豆皿タパ。

かすみカラーが落ちた印象を与えます。

この秋に取り入れたいアイテムです。

【マグカップ&豆皿タパ】

記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる