Wednesday

10月の暮らしかた。来年を心地よく迎える準備と“温と潤い”の「きのこ」薬膳

今年も残すところ、あと少し。まずは「文字を書く」ことで、自分の指先に意識を集中させ、心を整えましょう。美味しい食材が多いこの時季は、ついつい好きなものを食べすぎになりますが、薬膳の世界では「陰」へ気が移行する時期です。やって来る寒い冬を、温と潤いを兼ね備えた「きのこ」のパワーを取り入れ、ごきげんに来年を迎えるために、持ち物や暮らし、身体も厳しい冬を迎える準備を始めましょう。 続きを読む

Today's MANEKU Style

新しい年を迎える準備、まずはお手軽な手帳から。

ご覧くださり、ありがとうございます。Kousuiです。


そろそろごきげんに来年を迎える準備を始めていきたいと思っています。

まずは、持ち物や暮らし、そして身体も厳しい冬を迎える準備を。


画像は、私のバッグのスタメン達です。

素材を合わせたり、好きな色にまとめてみたり、小物をお気入りにするだけでも気分が上がります。


少し紹介を…


◇財布

毎日レシートは抜くようにしています。


◇まんまる刺し子ポーチ

予備ハンカチ、マスク、ティッシュ、リップ、ハンドクリーム、消毒ジェル


◇刺し子セット/ノート

待ち時間や移動時間にチクチクできるので、持ち歩いています。

ノートには図案やアイデアを書いています。


◇黒手帳

トラベラーズノート、仕事のスケジュールやアイデア。


◇ベージュ手帳/FOCUS手帳 

プライベートのこと、ワーク、バーチカル、タスクなど、自分に向かい合うための手帳。

※現在FOCUS手帳2022は売り切れになっているようです。


10月始まりの手帳をお迎えして、少し年末への向かい方や、新年の準備への心の持ち方が変わった気がします。


気ぜわしく迎えてしまいがちな年末、家族とともに心地よく迎える暮らしを少しずつ、綴っていきたいと思います。

手帳を通して見つけた、心地よい「モーニングルーティン」

気まぐれモーニングルーティンの一つ、朝焼けを見る。

もともと子供たちの朝練のため、早起きの習慣がありましたが、どうも気分が乗らなくてバタバタの毎日でした。


手帳のバーチカル(時間軸に1日を表のようにしたもの)を、改めて書いてみて、夜、家族の帰宅を待ち、調理時間と自分のダラダラとした時間が2時間以上ある!と気づきました。

家族の夜の食事も一人一人時間がバラバラでその都度作っていましたが、家族へも相談して平日は午後7時半と午後9時の2回に変更。

そうすると、徐々に家族もその時間を中心に考えてスケジュールを組むようになってくれています。


夜の空いた分の時間は、そのまま早めの睡眠にあてて、その分早起きするようにしています。

今までより、少し早い起床ですが、自分の為の自分だけの時間は、とても心地よく、自分の楽しみであれば早起きも苦にならないようです。

(これから寒くなってきたら、お布団の誘惑に勝てるか少々心配ですが)



心地よい自分の為のモーニングルーティンは、

4時台(今は起床4:50分です)は、本当に家の空気が「凛」としていて静寂に包まれています。

自分の動きだけの音が響く、朝のこの空気は心を穏やかにしてくれます。


そんな静寂の中、アロマキャンドルを点けて、1階の部屋の空気全てを入れ替えます。

次に、外気浴をしながらお白湯を飲みます。

その時に軽くストレッチをしたり、最近習い始めた太極拳をしてみたり。

通信講座の方への課題の返信がある日は、この時間にポストまで朝焼けを見に行きます。

お次は、アウトプットの時間を少し。

写経をすることもあり、墨を磨って古筆を書いたり。

手帳を書くこともあります。



手帳の1部分、自分の夢や好きなものを集めたページ。

ドリームマップともいわれていますね。

夢や希望を視覚化することによって、自分の夢へ近づけるそうですよ。

私は、朝にこのページを見て、気分を上げることが多いです。

本当に自然と気分が上がります!



アウトプットをしたら、次はインプット。

その日のスケジュール、子どもたちの提出物などの確認、仕事の予定の確認です。

メールやSNSなどの情報も確認します。


自分のしたいことを1時間ほどしておくと、家族への対応が自分でもびっくりするほど穏やかになりました。

早く、早くーーー!!や、イライラがほとんどなく、忘れ物もないようにきちんと準備できるので、時間に余裕ができ、想定外のこともイライラせずに受け止められるような気がします。


そして、いつものお弁当作りに取り掛かります。

いつもの出汁巻きに、必需品。

ほぼ毎日お弁当を3つ作っています。

お弁当に出汁巻きが入っていないとちょっと凹むらしいので、我が家のお弁当には毎日入っています。

卵1つで、出汁巻き一つ。

溶き卵を作るのに重宝しているのが、納豆鉢。

安定していて、混ぜやすく、口もついているので注ぎやすい。

洗って出しっぱなしにしていても、可愛いフォルムなので毎日使うのに便利です。


自宅教室での仕事が毎日の私、たまには気分転換に。

家族を送り出してお天気の日、たまには気分を変えて、外へ出て仕事をします。

仕事合間にはお迎えした10月始まりの手帳のワークを。

ワークには色々な種類があり、例えば、夢を書いたり、自分の体調のログ(記録)をとったり、読んだ本や、気分、天気など。

自分のことを知るより良く知る為に、私はワークに取り組んでいます。


そんな手帳タイムに必要なのが、鞄に入れても嵩張らない「つくしペンケース」です。(画像奥)


Kousuiのキッチン薬膳

肌寒くなり、一気に深まった秋です。

食欲の秋、収穫の秋、美味しい食材が多いこの時期、ついつい好きなものを食べがちですが、薬膳の世界では「陰」へ気が移行する時期でもあります。


店頭にはお鍋の材料が並んできました。

お鍋の材料にも使われる、今が旬の食材【きのこ】。


きのこは、たくさんの種類がありますがその種類によって効能が異なるっています。


【えのき】

白い食材は、乾燥が引き起こす不調が多いこの時期にピッタリです。

肺に作用し、乾燥から身体を守ってくれます。

また、咳や痰によいとされていますので不調の時はお味噌汁などにも。


【マッシュルーム】

茶色、白ともに同じ効能です。

腎に作用するので、アンチエイジングに効果があり、また、温性なので身体を温める効果に優れています。


また椎茸などは、乾燥させると栄養分が増加し、保存も効くので、我が家では少し余った時は天日に干しています。


潤いと、温めをキーワードに美味しい秋の食材をしっかり食べて、季節の変わり目を健やかに過ごしたいですね。

MANEKU Tips

文字を書くということ。

パソコンやスマホは生活必需品になっていますね、どのような年代も文字を書くことが本当に少なくなっているこの頃。

私は職業柄、他の方に比べて文字を書く機会は多いと思います。

文字を書いている方と、接することも多いと思います。


文字を書くということは、(特に書道)全神経をその目の前の【線】に集中するというということです。


文字を書くということは、その前にどのような余白にどのような大きさで空白を埋めるのかも考えないといけません。


Deleteで1文字カーソルを動かして消すこともできません。


全体の空気を読んで、自分の指先に集中する。


この情報にあふれてる時代・暮らしの中ではなかなかできないことです。

パソコンやSNSをしていると、どうしても情報が多くて、そのことだけに集中する事が難しくなってしまいます。

少しだけでも、日々文字を書くということは、無意識のうちに集中するという動作ができているということです。

2022年に向けて、まずは身近な手帳から、文字を書いてみる習慣をつけてみるのはいかがですか?

きっと皆さんの暮らしのプラスになると思います。

記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる