Thursday

祖母に習う昔ながらの優しい「紫蘇ふりかけ」。秋の手仕事と古伊万里の器たち

吹く風が少し肌寒くなって、色づいた稲穂が頭を垂れるころ。私がずっと楽しみに待っていた秋の到来。実りの秋…芸術の秋…楽しみがいっぱいの季節です。秋の手仕事の合図を感じたら、まずは祖母に習った昔ながらの「紫蘇ふりかけ」作りを開始。古伊万里の器で日本らしい芸術の秋を感じながら、おうちごはんも特別な装いに。秋を楽しみつつ、ゆっくりと冬に向かう支度を整えていきましょう。 続きを読む

Today's MANEKU Style

鮮やかな秋の色"自家製紫蘇ふりかけ"



春の終わり頃に、手間と暇とをかけて作った梅干しと、一緒に漬けた紫蘇の葉。


ゆっくりじっくり寝かせて、塩味の角が取れた頃。


祖母に習ったやさしい"紫蘇ふりかけ"を作っていきます。





木のおうちは、湿度が下がりはじめると…パキパキと音をたてはじめます。


それが、秋の手仕事の合図です。




紫蘇の葉をボールに移して、お砂糖を少しまぶします。

これは、私流です…酸っぱいものも好きですが…その酸っぱさが少し柔らかくなります。



それから、よーくしぼって。

一週間ほど、ゆっくりじっくり干していきます。





出来上がりは、又後日載せますね。

私も今から楽しみです。






それから秋と言えば…芸術の秋ですから…日々の暮らしの中に、日本の素晴らしい芸術をたくさん取り入れています。


ジャポニズムとして、世界中から愛されている古伊万里。



その輝きは失われることなく、今もなお…私たちを魅了しています。



そんな素敵な器に盛るだけで、毎日のおうちごはんも…何だか特別な気がします。



日本人ですから…やっぱり日本の伝統的な器に惹かれます。



MANEKU Tips

植物達は、もう冬支度を始めています。



春から夏にかけて…凄まじい成長を続けていた植物たちも、だんだんと静かになって冬に向かう支度を整えています。


しっかり根をはり、沢山の栄養をため寒い冬を乗り切るのです。


皆んなで、冬をこせますように。。。



記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる