Wednesday

デイリー&気軽なおもてなしも北欧食器がフル稼働!いちじくのタルトと包みパイで秋のお茶会

ついこの間まで暑かったのに、あっという間に秋の気配。いちじくが出回っているうちに、タルトやパイを焼いて、大好きな北欧食器とともに楽しいひととき。いちじくの包みパイは、小堀紀代美さんのストロベリーパイのレシピをいちじくでアレンジしたもの。iittalaのヘレマグやARABIAのムーミンマグなどでラフにテーブルコーデすれば、気軽なおもてなしにも◎。日々の食卓にも北欧食器を取り入れて、心豊かな時間を過ごしてみませんか? 続きを読む

Today's MANEKU Style

秋はフルーツを使ったスイーツを焼きたい気分に♪


緊急事態宣言が解除になって、まだまだ普段の生活は今までも変わりなく慎重に過ごしながらも、もしかしたら年末くらいには仲の良いお友達を招いておうちでお茶会くらいできるようになるかしら。


そんな日を夢見て、おうちでスイーツを焼いて、イメトレに励む週末。

とくに秋はフルーツを使ったスイーツを焼きたくなるので、今回はいちじくのスイーツ、2種にチャレンジしました。

いちじくのタルト

お菓子研究家の藤野貴子さんが、9月のきょうの料理で紹介されたレシピで作りました。


タルト生地にもアーモンドパウダーが入り、サクサク、ほろほろ。


アーモンドクリームの上にいちじくを敷き詰め、180度のオーブンでしっかり60分焼きました。

ラフなマグで気軽なおもてなしもいいんじゃないかなと、コーデしてみました。

ミムラ夫人のムーミンマグのブルーと、ヘレマグのターコイズが爽やかに感じました。


焼く前はこんな感じです。

お菓子作りは成形の時がとても楽しいです。

焼いている間も甘い香りが漂って、なんとも豊かな気持ちになれますよね。


焼き上がったらシロップで艶を出します。

いちじくの包みパイ

いちじくのスイーツをもう一種。


こちらは、以前作った小堀紀代美さんのストロベリーパイを参考に、フルーツをいちじくとりんごに変えて、中にアーモンドクリームを少し忍ばせたのもです。

最初のいちじくのタルトはしっかり甘いスイーツ、こちらの包みパイはリンゴの酸味といちじくやアーモンドクリームの甘みのバランスが楽しいスイーツです。

焼く前はこんな感じです。

いちじくが焦げすぎないようにキッチンペーパーでガードしながら、200度のオーブンで60分ほど、しっかり焼きました。

デイリーの食卓

北欧食器が好きになってから、日々の食事も北欧食器で楽しむようになりました。


休日に、コーヒーとパンだけの朝ごはんでも、北欧食器をあれこれ取り合わせて、ガラスや花を飾って。


そんなひとときが楽しみです。


最近お迎えしたマグを鑑賞しながら、別のマグでコーヒー。

よくやります。笑



休日ランチ。

パラティッシにカレー。

マグはムーミンの日マグの背面を向けています。

こちらはつい最近scopeさんからお迎えした、オイバ・トイッカコレクションのチーターマグ、ヘレプレートです。

特にイエローのチーターマグに夢中になりました。

意外に何にでも合いそうです。

MANEKU Tips

マグカップで色遊び

iittalaのヘレマグ、ARABIAのムーミンマグ、iittalaとミナペルホネンのコラボマグ。

みんなiittalaティーママグと同サイズで、カラーもリンクしやすく、とても合わせやすいと思います。

お友達に好きなマグを選んでもらうのも楽しそうです。

記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる