Thursday

【レシピ付き】旬のズッキーニで作る!グルテンフリー&ヴィーガンのズッキーニブレッド

夏も本番。鮮やかなヴィヴィッドカラーが多い夏野菜たちが最高に美味しい季節ですね。その中の一つ、ズッキーニといえば、ソテー、グリル、煮込み、サラダ…なんにでも使える万能お野菜ですが、今回はアメリカの家庭料理の定番「ズッキーニブレッド」をヘルシーに作ってみましたよ!塩味甘味でアレンジ自在なレシピなので、お食事に合わせてお楽しみください♪ 続きを読む

Today's MANEKU Style

お食事にもおやつにも!ズッキーニブレッドでヘルシーな夏色おうち時間を

ズッキーニブレッドと聞くと、パンを思い浮かべるかもしれませんが、いわゆるパウンドケーキのこと。

日本ではあまりメジャーではないけれど、アメリカでは定番のお料理で、焼き菓子にもお食事系にもなるお野菜ケーキ!

ズッキーニが?ケーキ?と不思議な気もしますが、ズッキーニだからこその美味しさだと思います。


簡単で栄養満点なズッキーニブレッドを、小麦乳卵不使用で更にヘルシーに美味しく楽しみましょう♪

【レシピ】ズッキーニブレッド (幅7cm長さ17cm高さ6cmパウンド型1本分】

昔は珍しかったズッキーニも今ではスーパーでは当たり前に手に入るようになりましたね。

実家の自然栽培畑にも今年はズッキーニが仲間入りしていました。

採れたてのズッキーニは、切ると水があふれ出てくるほど新鮮で瑞々しい。

お野菜のエネルギーを感じずにはいられません。

さあ、早速このエネルギッシュなズッキーニを使って作っていきましょう!

〈材料)

⚪︎ドライ

オートミール(粉にする)  180g

粉末甘味料      60g

ベーキングパウダー  小さじ2

塩          小さじ1/3

シナモン       小さじ2/3

胡桃(お好みで)                適量


⚫︎ウェット

ズッキーニ(すりおろし)  200g

豆乳         60g

ココナッツオイル   15g

(オリーブオイルでもok)

〈作り方〉

①ドライの材料、ウエットの材料を別々のボウルでそれぞれ混ぜ合わせる。

②ドライとウェットを混ぜ合わせる。

③クッキングシートを敷いたパウンド型に流し込み、180℃に余熱したオーブンで40〜45分焼く。

焼き上がったのがこちら!

ヴィーガンの焼き菓子は、基本的にドライとウェットを混ぜ合わせて焼けばOKなので、とっても楽ちん。


もっちりふんわりな仕上がりです。

焼きたては少し切りにくいので、冷めてからカットするのがオススメ。

今回は甘味料を入れて焼き菓子にしましたが、甘味を入れず塩気をきかせればお食事系にも。

我が家では玄米乳酸菌発酵のヴィーガンチーズクリームをかけていただきましたよ。


前回紹介した豆腐クリームでも合うと思うので、是非一緒に試してみてくださいね♪

思い出のカップ&ソーサー

大学院卒業後、すぐに上海での仕事が決まり、念願の海外生活!と期待に胸膨らませ長崎を後にした私。

が、後に帰国して人生最大のスランプに陥りました。笑


しばらく実家に滞在後、福岡で家なき子をしながら(半分本当。笑)、

資格勉強、就職活動、派遣の仕事をしていました。


そんな時に、島の素敵なおじさまが、「これからにエールを」と、

大切なコレクションの中からプレゼントしてくれたのが、このBone Chinaのカップ&ソーサー。

当時は勿体無くて触ることも怖く、ずっとインテリアのように眺めていたけれど、

こうして手作りの焼き菓子を思い出の食器と共に楽しめる時間を家族と過ごして、

しみじみとこれまでを思い出してみたり、

こんななんでもない日のおやつ時間がなんだか特別なものにも思えてきたり。


せっかく食事をするなら、

ただ「食べる」のではなく、

自分を「満たす」ことが

心の栄養にはとても大切なことだと思うのです。


食器もその一つのツールとして、

わくわくしたり、じんわりしたり、ほっこりしたり。


おうちでの食事が少しでも特別なものになるといいですね。

MANEKU Tips

我が家のゴーヤのグリーンカーテン

今年実家では、お縁の窓際にゴーヤのグリーンカーテンが植えてありました。

ゴーヤは生育が早く、まだ背丈ほどしかなかった苗が、めきめき伸びて、あっという間に屋根のすぐ側まで成長。

お陰で室内の暑さがぐっと和らいだ上、お縁から手を伸ばせばすぐに採れたてゴーヤが食べられる幸せ…

なんてエコで健康的なんでしょう。

自然の恵に感謝。


微力だけれど、地球を守る選択をしていきたいものです。

記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる