Saturday

自然体でいることそのものが私のおもてなし。季節に寄り添う記憶に残る暮らし

7月の終わり、今年は自宅のウッドデッキを初めて使って梅干し作り。紫蘇を入れるタイミングが遅れたため、まだ色が付いていたり、いなかったり…それでも愛おしい梅子ちゃんたち。季節の手仕事を楽しみながら、手作りならではのごちそうを満喫します。気取らずにありのまま、いい塩梅でお客様をお迎えする、我が家のおもてなしスタイルをご紹介します。 続きを読む

Today's MANEKU Style

季節を楽しみ自然体でいることそのものが、私のおもてなしスタイル。

梅仕事を終えた娘たちの一服風景です。

今年は母子共に珍しく夏風邪をひいてしまい、7月中ギリギリの梅干し。

この日は、自家製梅シロップと紫蘇ジュースを混ぜてみたのですが、これがとっても美味しくて、夏の疲れも吹き飛びました。


最近、我が家の定番のおもてなしスタイルは、気取らないことやありのままでいることだと知りました。

もちろん、お客様をお迎えするにあたって失礼のない程度にお掃除や準備はしますが、完璧を目指し過ぎない方がかえってお客様に肩の力を抜いていただけるのではないかと思うのです。

例年通り季節の手仕事をこなし、この時季であれば梅干しや梅酢を使ったお料理をお出ししたり、「ちょっと紫蘇取ってくる!」とお料理の途中でネギ、ニラなど薬味の調達に行ったり。

そういう我が家の暮らしそのものが、おもてなしになればとても嬉しい。

梅干しを干している風景、夫がウッドデッキで昼寝を始める風景も。(笑)

SNSが発達して、お洒落な暮らしにばかり目が行ってしまいますが、私には無理だなぁと痛感しています。

逆に、日々の忙しなさを露わにした投稿も増えてきて、ホッとさせられることも。

力を入れたり、抜いたり、いい塩梅でお客様をお迎えしたいと思っています。


夏休み中の栄養たっぷり手抜きご飯

夏休みが始まって、自宅で仕事をしながら娘たちの相手と3食作り…まだ7月だというのに母はクタクタです。

以前にも似たようなものを投稿しましたが、今回はどんぶりです。(笑)

納豆、長芋、オクラ、ゆでたまご(大人は温泉卵)に紫蘇と、梅干し!

なんという手抜きでしょう!でも栄養はたっぷり、そして美味しい。

オクラと紫蘇は実家の畑で採れたもので、梅干しは昨年漬けたものです。


夏らしい手土産

私からの手土産ではなく、友人からいただいた手土産をご紹介します。

量より質を好み、職人技の出る品物にも目がない私が、一昨年くらいから注目しているのが『国産花火』です。

お値段は高めですが、一本をしっとりと長く楽しめる国産花火に魅了されました。

昨年も他の方から国産の線香花火をいただき、その雰囲気を楽しみたくて、花火をする前にわざわざ娘たちに浴衣を着せたほど。

今年も定期宅配のチラシに国産花火が掲載されると、目を皿のようにして眺めましたが、その中に写真左にある(3つの箱のもの)材料の違いを楽しめる花火が載っていました。

とっても惹かれましたが、ちょっとお値段に躊躇して買わずじまい。

すると、なんという偶然か友人が手土産に持ってきてくれたのです!嬉しすぎます。

線香花火もパッケージから美しい!


使い終われば形に残らず、記憶に残る花火。

夏にはこんなプレゼントも素敵だなと思うのです。



ちなみに…

同じチラシに載っていた国産花火で、私が選んだものはこちら。

友人との品の違いが表れてしまっていますが。(笑)

子どもたちの喜ぶ顔を思うと嬉しくなって購入しました。

娘たちもワイワイ言いながら眺めてくれました。

一緒にする日が楽しみです。


もうすぐ紫陽花も見納め。

庭の紫陽花が少しずつ元気を失ってきました。

初夏の目に涼しさをありがとうと思いながら、テーブルに飾りました。


MANEKU Tips

スナック菓子を手作りして夕食に。

夕飯がなかなか思いつかない日に、メインディッシュに加えて、ジャガイモをひたすらスライサーでスライスしてただひたすら揚げました。

頭を働かせずにできる単純作業です。

そこに食卓で岩塩を下ろしかけて、パリパリっと。

大人も子どもも大好きなポテトチップスが夕飯に出ると、みんなの手が伸びてあっという間に無くなってしまいました。

じゃがいも + 菜種油 + 岩塩 ←メンバーはフライドポテトと一緒。

食事としてのメンバーに認定します。

いよいよ気力が無い時は、アミノ酸等が添加されていない市販品をお皿に並べたっていいなぁと思いました。

子どもたちが集まる時にも出そうと思っています。


記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる