Tuesday

パクチーLOVER必見!チャーハン、かき揚げetc. パクチーを丸ごといただく夏レシピ♪

独特の風味が美味しいパクチー。実は根っこまで食べれることをご存じですか?今回は畑で大切に育てた新鮮パクチーを根っこまで丸ごと使って、チャーハンやかき揚げなど我が家の定番レシピをご紹介します。栄養たっぷりなパクチーは、タイ、ベトナム、中国、インドなど、アジア料理を作る際には欠かせない万能ハーブ。根っこは冷凍できるので、ある程度たまったところでメニューに生かすのもオススメですよ。 続きを読む

Today's MANEKU Style

畑から採れたての、新鮮野菜&ハーブ

今年の春先、南房総の家の隣に土地を借り、
畑を始めることにしました。

100坪ほどある土地は、
10年以上使われていなかった休耕地で雑草が生い茂り、
はびこった根を含めて撤去するだけでも相当な労力で。
“家庭菜園” を超え、“ガチ農家” な感じになってきて(苦笑)、
毎日野菜の世話や、畑作り、雑草取りなどに追われる日々。

それでも、採れたて新鮮な野菜を食べられる喜びには変え難く、
珍しい野菜や、なかなか手に入らないアジアのハーブなど、
自分の好きなものを育てることができるのも魅力。

パクチーたっぷり☆

わ~!たっぷり!!と写真を撮っていたら、
それなぁに?わたしも食べられる?と寄ってきた、レイールさん♡

我が家の8わん達には毎日、
お肉と野菜と炭水化物で作る、手作り
ごはんをあげています。
栄養たっぷりのパクチーは、コドモたちのごはんにもマル◎



レシピ☆たっぷりパクチーのタイ風チャーハン

人用には、和えものにサラダにトッピングに、
また、スープに炒めものにと本当に万能。

タイ・ベトナム・中国・インドetc.
アジアの料理を作る頻度が高いので、
毎日大活躍してくれています。

このパクチーチャーハンも、
もう長年作っている我が家の定番のひとつ。
カルディや大型スーパー等で売っている調味料で作れます。

レシピはブログに載せていますので、
よろしかったら作ってみてくださいね^^


ブログ記事 
 ⇒レシピ☆たっぷりパクチーのタイ風チャーハン


こちらはまた別の日のパクチーチャーハン。

パクチーがあまりに豊作なので、
どんどん消費しないと追いつかない、という、
パクチーLoverには最高に幸せな状況。

このチャーハン、
たっぷりパクチーを使えるうえに簡単なので、
忙しい日のお昼etc.登場回数が多いメニュー。

目玉焼きの横に添えているのは、
フリルがかわいい細葉パクチー。
パクチーの品種もたくさんあって、
いろいろ育ててみたくなります。


この日は畑のビーツとトマトのポタージュと☆


美味しい平飼いたまご

スクランブルエッグ、ポーチドエッグ、茹でたまごにTKG。。。
さまざまな調理法があって飽きないですよね。

パクチーチャーハンには、めだま焼きを乗せて、
とろ~り黄身を崩しながら食べると更に美味しいです☆


毎日のように食べるたまご。

スーパーの特売たまごが安いのには、理由があります。
だから、少しお値段が高くなったとしても、

安心&元気な鶏たちが生んだたまごを食べたいと思っています。

ケージ飼いと平飼い、
それぞれのメリットもデメリットも知っていますが、
それでも、
ストレスの少ない環境で、
のびのびと育った鶏たちのたまごがいいな、と。

豪華なおみやげではないけれど、
日頃食べている平飼いたまごを、
ちょっとしたお礼や、気軽なおもたせにすることも。


MANEKU Tips

パクチーの根っこは捨てないで!

叩いてつぶしてカレーペーストやディップの材料に加えたり、
東南アジアの料理では、パクチーの根っこも使います。

写真の「エスニックにゅうめん」は、
鶏ガラで作るスープにパクチーの根っこも加えていい香り☆

そして上に乗せているのは、
米粉の衣でサクサクな食感&パクチーの風味たっぷりの、
パクチー根・パクチーの葉・桜えびのかき揚げ。

根っこは冷凍できるので、
ある程度たまったところで作るのもいいですね^^

葉や茎だけでなく、
根っこも捨てずに余すところなく使える優秀なパクチー、
大好きなハーブのひとつです。


※こちらもブログにレシピを載せています。
 よろしければ、↓ ↓ リンクからチェックしてみてくださいね。


【エスニックにゅうめん パクチー根のかき揚げ乗せ】

https://hitotose-recipe-techo.net/recipe_noodle_coriander1/

記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる