Thursday

【レシピ】プチっと弾ける香りと味!旬のブルーベリーでジャムとデザート春巻き

季節の旬の香りやおいしさは、できるだけ長く楽しみたいという思いから、今が旬のブルーベリーでジャムを作って、おいしさをまるごと瓶に閉じ込めます。そしてデザート春巻きに応用。ひと口頬張れば、パリパリ食感の皮と、ジャムの甘さとカマンベールチーズのほのかな塩気におもわず笑みがこぼれますよ。どちらもレシピを紹介しているので、季節のおいしさをいつもと違った食べ方で楽しんでみませんか? 続きを読む

Today's MANEKU Style

季節の果実でジャム作り。さらに、そのジャムを使っておやつも作ります。

旬の果実でジャム作り。

季節の香りとおいしさがいっぱいに詰まった自家製のジャムを使って、おやつも作ります。

おいしさはこうやって連鎖していくのが楽しいんです。

立派なブルーベリーが手に入ったので、まずはそのままパクっ!と味見。皮が弾けると共に、酸味と甘みが口いっぱいに広がります。旬のおいしさが確認できたら、せっかくなのでこの季節のおいしさをまるごと保存したくて、コトコト、ジャム作りを開始します。

さらに、この手作りのブルーベリージャムを使っておやつも作りましょう。

カマンベールチーズと共に包んで揚げた、デザート春巻きです。

ジャムの甘さと、カマンベールチーズのほのかな塩気は相性抜群。

それを春巻きの皮で包み込んで、色良くこんがり揚げます。

仕上げに岩塩とブラックペッパーをミルで挽いて、香り高い熱々をいただきます。

パリッと歯切れの良いこの音までもがもうごちそうです。

パリッパリの食感の中に、トロ〜っととろけるジャムとカマンベールチーズのなめらかさといったら…!

ひと口頬張れば、そこから立ちのぼる湯気と香りがまたより一層おいしさを引き立ててくれます。

三角の形は、器に盛り付けた時にまるでケーキのような眺めになればと。デザートという感覚を視覚からも味わえるように。

ジャムの保存は、市販品のジャムの空き瓶がピッタリです。

きれいに洗って再利用すれば、瓶はもちろんのこと、自分自身の心もなんだかスッキリ。

煮沸消毒した後のこうやって乾かしている姿を眺めるのもまた清々しい。

MANEKU Tips

季節の香りとおいしさを、瓶に閉じ込める。

季節の旬の香りやおいしさは、できるだけ長く愉しみたいと思います。そんな時、今回のジャム作りのように、そのまま素材をまるごと瓶に保存します。ブルーベリーにおいては今年はシロップも作りました。仕上がった瓶たちを眺めていると、自分でこしらえたという気持ちも重なって愛情もひとしおです。

感謝して、大切にいただきたいという気持ちも忘れないよう、日常のひとつの心掛けになります。

記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる