Tuesday

レンジで簡単!トロトロ「杏仁豆腐」レシピと、アジアン食器でひんやりスイーツタイム

いよいよ夏本番!夏のおやつには、ひんやり滑らかな「杏仁豆腐」がおすすめ。火を使わずレンジで超簡単に作れるのに、ちゃんと美味しい本格レシピと、杏仁豆腐が映えるアジアンテイストのお皿をご紹介します♪時短で手軽に作れる“トロトロふるふる”の柔らか杏仁豆腐で、暑い季節を美味しくクールダウンしましょう! 続きを読む

Today's MANEKU Style

夏のひんやりデザート、杏仁豆腐!

トロトロふるふるの柔らか食感で、ミルク感と杏仁の香りをしっかり味わえます。

液を「濾す」ひと手間で、一層滑らかな舌触りに♪

加熱した牛乳に、砂糖、杏仁霜、ふやかしたゼラチン、生クリームを混ぜて冷やし固めたら完成。

超簡単なので慣れると5分程度で仕込めます!

レンジで簡単!杏仁豆腐のレシピ

~杏仁豆腐のレシピ~

〈材料〉(12cm×12cmのタッパー1個分、3~4人分)

水 25g

ゼラチン 5g

牛乳 350g

砂糖 15g

杏仁霜 30g

動物性生クリーム 50g


〈作り方〉

①水にゼラチンを3回に分けて振り入れ、都度スプーンで混ぜふやかす。

②耐熱容器に牛乳50gを入れぴっちりラップで覆う。レンジ600wで2分加熱。

③熱いうちに素早く砂糖と杏仁霜を入れ、ゴムベラで混ぜ溶かす。

④ふやかしたゼラチンを加え、ゴムベラで混ぜ溶かす。

⑤「濾しながら」タッパーに移す。残りの牛乳300gと生クリームを加えゴムベラで混ぜる。蓋をして冷蔵庫で冷やし固める(2~3時間)。

⑥お玉で掬い器に盛りつける。お好みで、水で戻したクコの実をのせて完成!


〈おいしく作るためのポイント〉

・ゼラチンをふやかす際、「ゼラチンに水」ではなく、「水にゼラチン」を「少しずつ」加えて下さい。一気に入れると上手くふやけず、食べた時にゼラチンのザラザラ感が舌に残ります。

・必ず濾してください。濾すと、滑らかな杏仁豆腐が作れます♪

アジアンスイーツにぴったりなお皿

先日、アジアンテイストのお皿を購入しました。

ニコアンドと紅虎餃子房のコラボ商品で、期間限定で販売されていました!

杏仁豆腐の他にも、マレーシアの「モーモーチャーチャー」や台湾の「豆花」、中国の「ごま団子」などなど...このお皿に合うアジアンスイーツをたくさん作っていきたいです♪

MANEKU Tips

手際よくお菓子を作るコツは、「材料の準備」!

手際よくお菓子を作るコツはいくつかありますが、中でも大切なことは「材料の準備」だと思います!そうすることで、材料の入れ忘れを防ぎ、全体の流れを意識しながら進められます。これを実践すれば、失敗なくスムーズに作れてより楽しくお菓子作りができます♪
*写真は、以前作った「紫芋オートミールクッキー」の材料準備の様子です。

記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる