Friday

ずんだ、しそ巻きetc. 宮城県民の夏の定番!夏野菜モリモリの郷土料理でおうちごはん♪

梅雨が明けた途端、眩しすぎるくらいの太陽の陽射し。外に出るのをためらってしまうような暑い日には、無理せずエアコンの効いた家の中でのんびりご飯を楽しみたい。今回はナスや紫蘇、ずんだ等の夏野菜や油麩を使った宮城県民の夏の定番の「ご当地メニュー」をご紹介します。地元産の木材からできている器を中心に盛り付ければ、よりご当地感溢れる食卓になりますよ♪ 続きを読む

Today's MANEKU Style

ご当地メニューで夏を満喫

家の畑には夏野菜がたくさん!!

季節ごとの美味しい野菜を作ってくれる父と母に感謝、感謝。
それらを使い、私が住む宮城県の夏の定番【ナス炒り】【しそ巻き】【ずんだおはぎ】を。
盛り付けは地元産の木材からできている器を中心に使ってみました。

ある日のお昼ごはん。

甥っ子、姪っ子も遊びに来ていて賑やかだったこの日は採れたてのナスと、油麩を使ったナス炒りを。醤油等で味付けし、最後に少し片栗粉を加えてとろみを。出来立てもいいけれど、冷蔵庫でしっかり冷やした方が美味しい。麺類に乗せたり、みょうがや、シソを加えたり、アレンジも自由自在です!!


他には、とうもろこしご飯、トマトのダシ浸し、パプリカの肉巻き、カボチャのサラダと夏野菜モリモリのメニューでした。

しそ巻きは、母の作る味噌の味が絶品!!なのでお裾分けしてもらいました。クルミ、ゴマ、砂糖、小麦粉、片栗粉などが入っている甘じょっぱい味噌と、しそは相性バツグン。くるくる巻いてサッと揚げれば完成です。ご飯のお供に、オヤツがわりにとあっという間に無くなっていきます。

そして、もはやその名は全国区のずんだ。

味付けは砂糖と塩を少々、とってもシンプルなのですが、その前に枝豆の薄皮を一粒一粒剥くという苦行が!!コレさえ乗り切ればあとはすり鉢でゴリゴリと。

鮮やかな緑色で見た目も涼やかです。

写真のものは、朝ドラで有名になった宮城県登米市産の木材からできた器です。

すべすべの手触りが気持ちいいし、木によって色や木目が違うのも楽しい。

特にしそ巻きを乗せた杉矢羽のお皿(実際は刺身皿ですが、この日は朝ごはんを乗せちゃいました)がお気に入り。同シリーズお弁当箱や、サラダボウルもいつか購入したいなぁと思っています。


MANEKU Tips

煮物や汁物にかかせない油麩をご紹介します

ナス炒りでも登場した油麩は宮城県の特産品。

煮物や汁物に入れるとダシや煮汁をよく含んでとっても美味しい。食感はムチムチモチモチ。油麩が主役の油麩丼なるものもあるくらいおなじみの食材なんです。ぜひぜひお料理に使ってみてほしいです☺︎

記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる