Saturday

揉むだけ!非加熱の「酵素愛玉子(オーギョーチー)ゼリー」で夏美活

梅雨明けし、いよいよ暑さも本格化してきましたね。つるんと食べられる冷たいゼリーは、暑い季節には定番スイーツ!でもせっかくならお砂糖たっぷりより酵素たっぷりの方が嬉しいですよね?今回は揉むだけで簡単にゼリーが作れる不思議な「愛玉子(オーギョーチー)」を使った、火を使わない酵素ゼリーと、豆腐のヴィーガンクリームのレシピをご紹介します♪ 続きを読む

Today's MANEKU Style

台湾スイーツの定番「愛玉子ゼリー」+酵素ジュースの美スイーツ

タピオカ、魯肉飯、雞排など、

昨今の台湾ブームはまだまだ衰えを見せませんね。


台湾グルメの一つ、「愛玉子(オーギョーチー)ゼリー」もずいぶん知られるようになったような。


愛玉子は、クワ科イチジク属のつる性植物で、種子(植物学上では微細な果実)の部分がゼリーに使われます。

愛玉子は植物の中でもペクチンが多いため、寒天などのように加熱しなくても水の中で揉んでしばらく放置するだけで固まる性質があります。

そしてペクチンは水溶性食物繊維の一つなので、お通じ改善にもなるヘルシー食材でもあるんです。


このユニークでヘルシーな性質を活かして、更にヘルシーにアレンジした「酵素愛玉子ゼリー」を作ってみましたよ!

イクリ酵素ジュースの愛玉子ゼリー【レシピ】

母が大量に仕込む酵素ジュース。

今はイクリ(九州でとれるすももの仲間)が旬の季節で、

実家では真っ赤なイクリ酵素ジュースが仕込まれていました。


果物にお砂糖を入れてじっくり発酵させるジュースは、天然の酵素や栄養素がたっぷり!

ただ、酵素は熱に弱いので、寒天やゼラチンなど、加熱が必須な一般的なゼリー食材に酵素ジュースは少しもったいない…

一方、愛玉子は揉むだけで固まるので、生きた酵素を壊さずにゼリーが作れるのです!


しかも食物繊維(ペクチン)+発酵という、腸活には最強の組み合わせ。


⚪︎イクリ酵素愛玉子ゼリー⚪︎


【材料】

愛玉子    20g

酵素ジュース 600g

(酵素シロップをお好みの濃さに薄める)

※カルシウムがないと固まらないので、蒸留水は使用しないで下さい。

【作り方】


①愛玉子を布袋に入れてゴムで口を止め、酵素ジュースの中で10〜15分ほどもみもみ。


※布袋は、さらし、お茶パック、ストッキング、手拭いなどで代用可。

②とろとろになってきたら器に注ぎ入れ、冷蔵庫で2時間ほど冷やし固める。


※固まりが悪い時は、長めに冷やしてあげるとよいです。

今回はイクリの実も入れて、食感を楽しめるようにしました。


また、トップには即興の豆腐のヴィーガンクリームを。(以下レシピ載せておきますね)

これがまたよく合う!

両親も大喜びで食べてくれましたよ!


【豆腐クリームのレシピ】

豆腐    150g

ココオイル  7g

粉末甘味料 お好みの甘さで

レモン汁  小さじ1/3

味噌    小さじ1/3

母のグラスコレクション

食器好きな母は、若い頃からずっと食器を集めるのが趣味だったそう。


今は随分数が減ったけれど、厳選されたお気に入りが実家にはまだたくさん残っていました。


今回の愛玉子ゼリーには2種類を使用。


1つは小ぶりのワイングラスにイクリの輪切りを貼り付けて、側面からの見た目を楽しめるように。


もう1つは金メッキがアクセントの口の広いデザートカップに、角切りのイクリを散りばめて、上からの見た目を楽しめるようにしました。


グラスによって見せ方が変えられるのもお料理の楽しみの1つですね。

MANEKU Tips

愛玉子事情。

愛玉子ゼリーは、本場台湾ではレモンシロップをかけて頂きます。

種の見た目が蛙の卵のようなことから、現地では蛙のイラストがお店の看板に載っていたりして、台湾在住時代はなんとなく買う気になれなかった思い出が…笑

実はこんなにヘルシーなデザートだったとはつゆ知らずでした。


愛玉子は店舗にはなかなか置いていないので、ネット注文が確実です。


ちなみに、私の愛する根津に、日本で唯一愛玉子ゼリー専門店があります!

谷根千さんぽの際は立ち寄ってみては?

http://guidenet.jp/shop/2210/

記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる