Monday

古民家暮らしをDIY!お気に入りの台所ができるまで【壁編】

古民家をリノベーションした我が家。その中でも家の中心となる台所は、自分たちの手で心地よい空間へとDIYしました。今回は部屋全体の印象を左右する台所の壁づくりをご紹介。バーナーで杉板に焼き色を付けて、木目をパスルのように配置し、見せる収納ができるようにひと工夫。自然に寄り添った暮らしをしてみませんか? 続きを読む

Today's MANEKU Style

好きな場所から。

はじめまして。

台所から失礼いたします。

プロフィールにある通り、古民家をリノベーションした我が家。

中心となる台所は、自分達の手でDIYいたしました。

台所ができるまでの事。

古民家暮らしの事。

古道具や収納術。

そして大好きな自然に寄り添った暮らしや食など、徒然なるままに紹介できたらと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

台所ができるまで。(壁編)

まず初めに取り掛かったのが全体の印象を左右する壁づくり。


古い台所で水色の壁だった我が家の台所。

木が持つ暖かい雰囲気が好きだったので、まずは全体にコルク模様の下地を貼り付け壁板づくりからスタートしました。


杉板をバーナーで加工し(焼き)、焼き色を和らげ好みの色にする為にたわしで仕上げました。


それぞれ異なる木目や色をパズルのように並べ替え、好みの配置に。

収納用S字フックをかける為に、板と板の間は間隔をあけ横に横板を配置。

手の届きやすいこの場所。

横の動線を意識して出番の多い台所道具。

すりこぎや鍋敷きミトンなどを収納。

MANEKU Tips

手軽により使いやすく。

横に渡した板にS字フックをランダムにぶらさげ、よく使う道具は「見せる収納」として配置しています。

使いやすさだけではなく、見せる収納は時短にも繋がり皆の台所に。


記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる