Monday

採れたての山菜で頂く贅沢なお蕎麦ランチ

5月の北海道は、山菜採りのシーズンの始まりでもあります。さっそくタケノコとこごみを摘みにゆき、新鮮なうちに天ぷらにして贅沢なお蕎麦ランチを堪能。お気に入りの鉄瓶には蕎麦湯を用意して、お口いっぱいに春を頬張ります。山の恵みを感謝しておいしく頂けば、自然と笑みがこぼれますよ。 続きを読む

Today's MANEKU Style

山遊びと手仕事

北海道に遅い春がやって来たら山菜採りのシーズンが始まります。


思う存分に新鮮なタケノコを天ぷらや煮しめにして楽しんだ後は、保存用に瓶詰め作業をします♡


寒い期間が長い北国では先人が伝えてきた保存食が今でも受け継がれています。

今ではその全てを生活に取り入れてる人はいないと思いますが、我が家では新鮮な季節の物を感謝して頂き、そして保存する。

そんな丁寧な暮らし方を心がけるようにしています。


雪解けの固い土から掘り起こす山ワサビの美味しさを想像すると春が更に待ち遠しい気持ちになりますし、秋にはキノコ狩りや栗拾いを楽しんで、霜の降りた山葡萄の甘さに感激しながらも肌に刺す風の冷たさに冬が来る事を感じるのです。


四季を感じて生きる事は本当に素敵な事です。


ココロをピッとしたい時。

そんな時があったらぜひ自然に抱かれて欲しいです。


帰り道、絶対に笑顔になってますよ(*´˘`*)♡

こんなに採れたタケノコ♡

帰り道は重くて大変だけど、仲良しのお友達にお裾分けをする事を想像したらワクワク♪

みんなの喜ぶ顔を想像すると疲れも吹っ飛んでしまうのです!

立派過ぎるタケノコで感動感動感動‼︎🥺笑

茹でて調理するのも美味しいけど、実は皮ごとグリルへ突っ込んで、焼けたら皮をむいてマヨネーズをつけて食べるのが1番美味しかったりします‼︎

タケノコは天ぷらにして、となりの大きなお鍋ではたっぷりのお湯でお蕎麦を茹でて、揚げたての天ぷらに濃いめのツユを添えて、天ぷら蕎麦に。

ぐっすりと昼寝をしていた息子を起こして天ぷら蕎麦ランチを食べさせる。笑寝ぼけ眼で『うまい』と蕎麦をすする息子を眺めて、そうだろそうだろ(๑´罒`๑)と、ご満悦な母のわたし。

これが『こごみ』です

夫が道東方面でとってきたものです。

ゆでて胡麻和えにしても美味しいし、おひたし風に食べても♡


とにかく くるくるが可愛い♪

そして可愛いのに美味しいってズルい(笑)

普段から愛用している南部鉄器の鉄瓶に今回は蕎麦湯を入れてテーブルに出してみました。

お値段もそれなりにしますが
お湯が冷めなくてとても美味しいお茶が飲めますよ♪

MANEKU Tips

タケノコの保存方法

煮沸消毒した瓶にタケノコを詰めてお水を山盛りに!

グツグツしたら30分そのまま。

その後お水を入れてパンパンにした状態で蓋をして、逆に(真っ逆さまに)入れて30分。

蓋が鍋底に来る感じですね!


合計1時間の煮沸。


終わったら鍋から出して逆さまにして冷まして完成です♪



記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる