Wednesday

キッチン収納は動線が重要!スッキリ整う暮らしと収納テクニック

少し前に家中断捨離をして、台所をセルフリフォーム。壁紙を貼り替えたり、シンク上に棚を付けたりと、ようやく落ち着いたところです。年齢も考えてモノは増やさないようにしていますが、道具は使う範囲で、吟味して揃えていきたいもの。今回は動線を考えた、使いやすいキッチン収納をご紹介。スッキリと整った暮らしを目指しましょう! 続きを読む

Today's MANEKU Style

増えがちな器やクロス類は、動線も考えて用途別に使いやすく収納。

ひとり暮らしを始めた25歳の時、真っ先に探して購入したのがこのアンティークの書棚。とにかく頑丈でたくさん収納できます。


器はほぼこの棚に収納、クロス類は隣のIKEAのワゴンに。竹籠には愛用している手拭いやかや織りふきんを入れて。台所仕事が楽しくなるよう、楽しい柄を選んでいます。



見た目が気になるところはちょっと工夫。

電子レンジはクロスを掛けてカバー。

備蓄用のミネラルウォーターはラベルを外す。

トレイはカゴに立てて隙間収納。

着なくなったTシャツやシミの取れないクロスは、コットンバッグで出番待ち。

使いやすい大きさに切って、ウエスに再利用しています。


普段あまり使わない洋食器はワゴンに。

ごちゃごちゃして見えないよう、ここもクロスで目隠し。

豆皿類はごちゃごちゃしがちなので引き出しに。わかりやすいよう、作家さんや素材・テイストで分けて重ねています。

カトラリー類は箱やカゴにお気に入りの手拭いを敷いて収納。小さい竹カゴはアクセサリーが入っていたものです。

ひとりなので、カトラリーは使いやすいものを少しだけ。


黄色い柄のフォークとスプーンのセットは、大昔にアジアン雑貨屋さんでもらったノベルティー。使いやすいので一番出番が多く、直し直し使用。


箸置きだけは小さいからと言い訳をして増えがちです。

MANEKU Tips

出番の多い器は頑丈なディッシュスタンドに。

よく使う中〜大皿はディッシュスタンドに。これは他にも愛用している家事問屋さんのもの。


楕円皿、角皿、大皿等色々使えます。かなり深さのある器以外は大丈夫。とにかく頑丈!


見た目もシンプルで美しいので、棚の外に置いても邪魔になりません。

記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる