Friday

お庭の植物をお部屋で満喫!季節を気軽に取り込む暮らし

田舎で木の香りいっぱいの平屋に住み始めたばかり。新緑と愛らしいお花が楽しい今の時季、庭に咲いた花やハーブ、娘たちが持ち帰ってきた道端の草花など、身近な植物を自由に活けてお部屋に取り入れています。お花はそれだけで美しい存在。肩肘はらず、植物を気軽に楽しむ暮らしをご紹介します。 続きを読む

Today's MANEKU Style

一種類でも、高価なお花でなくても大丈夫。ポンッと生けるところから始めます。

はじめまして。

自然と戯れながら、季節の手仕事やモノづくりを楽しむ暮らしをしている kana_i と申します。

よろしくお願いします。


今年の3月に無垢の木だけを使ったマイホームに引っ越したのですが、これまで何人かのお客様をお招きしました。

最近はコロナの影響もあり、大勢でワイワイ…とはいきませんが。


お客様をお招きするとき一つだけ気を付けていることは、部屋の中に植物をあしらうことです。

観葉植物でも、お花でも。


例えばお花であれば、豪華なものでなくても良いと思っています。

元来貧乏性の私は、お花を買うことは滅多にありません。

庭に咲いた花や、近くの実家の庭からも拝借してきます。

娘たちが持ち帰ってきた道端の草花も飾ります。

すると自然と季節を部屋に取り込むことになります。


センス良く飾らないと…と思うと気が重いですが、お花はそれだけで美しいですから、写真のように一種類をポンと生けるだけでも眺める度心が晴れやかになりますよ。

今あるお花の元気がなくなってきたら、新聞紙と花切ばさみを握りしめ、庭をうろうろ。

この日は、実家の庭に侵入し、咲き乱れていたビオラ、レモンバーム、スペアミント、ディル、ヘンルーダを拝借してきました。

我が家にも同じものを植えているのですが、まだ庭造りを始めたばかりで小さいのです。


キッチンには、ヘンルーダ、ミント、レモンバーム、ローズマリーを。

申し上げ忘れましたが、私はフラワーアレンジの知識も、生け花の経験もありません。

どうぞ温かい目で見てやってください。

カッコよく言えば、感性だけで生けています。(笑)


キッチンにハーブを生けているメリットは、ちょっとという時にお料理に使えること。

しかも爽やかな香りが漂います。


この「 ヘンルーダ 」というハーブはあまり馴染みがないかもしれませんが、柑橘系の香りがするアゲハ蝶が好きな植物です。

実は娘とアゲハ蝶の幼虫を飼うことになったとき、餌の確保に苦労して図鑑でお勧めされていたこのハーブを植えることにしました。

ただ、幼虫たちの食欲が旺盛過ぎて食べ尽くしてしまったため、我が家のものは小さくて…

実家にも植えたのでそれをよくもらっています。

花を切って生けていたら、そこに小さなアゲハの卵が…

なんてこともしばしば。

昆虫好きのお子様がいらっしゃるご家庭にはお勧めですが、逆の場合は…。

白い花器なら、どんなお花でも受け入れてくれます。

今回はビオラだけをドサッといってみました。

私は、写真のような少し味のある花器が好きです。

特に作家さんの作られるものは手仕事らしいゆらぎがあって、より自然に近い気がするのです。


ビオラがあっち向いたりこっち向いたり首をかしげたり…

なんとも可愛くて♡

我が家の玄関には、植物と絵を。

この絵はポストカードなのですが、とても気に入っていて、最近ちょっといい額を購入してここに飾りました。

これだけで私の中のテンションが上がりまくりました。

土間収納にかけた刺繍のあるリネンの生地もとても気にっています。


お客様を最初にお招きする場所だから、我が家の木の香りに包まれながら

植物や絵、ファブリックの優しさに癒しを感じていただけたらと思います。


お洒落な家には必ずあると言っても過言ではない観葉植物「ウンベラータ」!

私もこの植物が欲しくてお店で探したのですが、値札を見てびっくり。

大きいサイズになると(当たり前なのですが)万越え。

買おうかどうしようか迷っているとき、友人が枝を分けてくれたのです!

まだ10cmにも満たなかったその子が随分と大きくなりました。

大きなサイズのものをでーんとお迎えするのも素敵ですが、育っていく過程を見守るのも楽しいものです。


テレビボードはInstagramで拝見して一目惚れした家具屋さんに、新居用にオーダーメイドで作ってもらった胡桃の木のもの。

また後々ご紹介させていただきます。


BOZEは独身時、普段はドケチ生活をしていた私がボーナスで奮発したものです。

もう10年以上使って2回修理したもののCDが再生できなくなってしまいました。

でもラジオが聞けるので、置いてあげています。

ちなみにBluetooth機能なんぞありません。

ラジオonlyです。(笑)

MANEKU Tips

味気ない玄関先のアルコール消毒薬の傍らに、可愛い生き物を♡

今となってはどこに行っても見ないことはないアルコール消毒液ですが、未だ心の奥底にばい菌扱いされている気がするのは私だけでしょうか。

もちろん、頼まれなくてもこまめに消毒していますが。


我が家の玄関にも消毒液を置いていますが、以前学校の美術室で使われていたらしい味が出まくりのアンティークな椅子に載せ、傍らに娘が気に入って育てているオジギソウを置いています。

アルコール消毒の殺伐とした雰囲気がこの2つのアイテムのおかげで、随分と中和されているような気がします。


触るとペコリとおじぎするオジギソウ。

「 消毒してくれてありがとう♡ 」と言っているようです。

記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる