Friday

生春巻きの裏技も。夫婦で楽しむベトナム料理づくしのエスニックナイト

この春、北海道からベトナム・ホーチミンへ引っ越ししました。人生初の「暑い春」に戸惑いつつも、さっそくベトナム料理作りにチャレンジ。生春巻きやベトナム風鍋、ヌクマムという調味料を使った炒め物など、エスニックメニューの夕飯を、夫婦で楽しみます。生春巻きの皮は、ちょっとした工夫で、皮のくっつきを防げて作り置きや持ち寄りが可能に◎簡単なのでぜひお試しください♪ 続きを読む

Today's MANEKU Style

ベトナム調味料と香草をたっぷり使って。

この春、北海道からベトナム・ホーチミンへお引っ越し。

ベトナムの市場やスーパーには、日本で見たこともない食材や調味料が並んでいます。

苦戦することもありますが、楽しい発見が多い毎日です。


そんな海外生活にも少し慣れ、おうちでもできる簡単ベトナム料理を作ってみました。

とても暑いのに、ベトナム人はなぜかとにかく鍋が大好き!


少しずつ集め始めた食器で、野菜もりもりディナーになりました。


今回作ったのはこちらの3品。

✴︎生春巻き


紫キャベツやニンジン、えびなどカラフル具材を表に向くように巻くと映え度アップ!


カラーライスペーパーを使用しました。

付けダレはチリソースベースにしてパンチが利いた味わいに。


どうやら本場はブンと言われる米粉麺を入れるのが一般的なようですがカロリーカットのため省略です。笑

✴︎ベトナム風鍋



鶏ガラ、生姜、ヌクマムをお好みの濃さに調整して鍋つゆを作ります。

(※ヌムマムは小魚と塩が原料の魚醤の一種。ナンプラーでもOKです。)


具はお好きな物を。

今回は蒲鉾などが入ったコンビニの鍋の具セットも使用しています。

便利・・・!


ディルやコリアンダーなどの香草もお好みで。


✴︎豚肉とパプリカのにんにくヌクマム炒め


ヌクマムはコクが出る優秀調味料で早くもヘビロテ。

湯通しして油を落とした豚肉とパプリカ、ニンニクを炒めて仕上げに胡椒を。





日本人の口に合いやすいというベトナム料理。

これからもどんどんレパートリーを増やしていきたいと思います。

今後の生活を考えるとあまり物を増やせないとは思いつつも

ベトナムで可愛い食器をスルーするだなんて不可能!?



焼きムラや絵柄が一枚一枚違うので、様々なお店でお気に入りを発掘中です。




今は立ち寄った先で購入することが多いですが

本場のバッチャン焼き、ソンべ焼きにも興味津々。



こういったお皿を使っていると、乙女心を持った夫が可愛いねー!と言ってくれるのも嬉しいポイント(笑)。





どうか集めすぎませんように・・・。

MANEKU Tips

生春巻きの皮はくっつきを防いで作り置き可能!

ホムパや持ち寄りの際など作ってから時間が経ちそうな時は

皮を戻す際の水に少しだけ油を入れると長時間くっつきにくくなります。


今までは1つ1つラップで包んだり、濡らしたキッチンペーパーを被せたりしていましたがこの方法が一番手間なしです。


記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる