Wednesday

【テーブルリースの作り方】身近な季節の花々を使った簡単&華やかアレンジ術

春の訪れとともに芽吹く植物は、たくさんのパワーを秘めています。今回は身近な植物を使ってテーブルリースを作り、そのパワーをお家の中にもお裾分けしてもらいます。庭で育てたパンジーやヒヤシンスなど、茎が折れやすい春の花も、道端でよく見かけるアノ植物を使うと、簡単に華やかにアレンジできますよ!作り方をご紹介していますので、季節ごとのお花で作って楽しんでみてください! 続きを読む

Today's MANEKU Style

庭の花で作ったテーブルリースと桜の器でお花見

一年の中で一番、花の多い春がやってきました。春らしく明るく鮮やかな花々を、この時期にはいつもテーブルリースにアレンジします。これからぐんぐん成長してくる家の中の観葉植物は剪定をして、風通しよく育てます。植物と暮らすためには欠かせない、春の作業です。

一年の中で、春の庭が一番好きです。日ごとに成長する花達を眺めているとあっという間に時間が過ぎていきます。

芽吹きの頃の植物は、たくさんのパワーを備えているので、そのパワーをおすそ分けしてもらうべく、部屋にも飾りたいもの。

パンジーやヒヤシンスなど、茎が折れやすい春の花もテーブルリースなら簡単に華やかになりますよ。




テーブルリースの作り方


① 少し深さのある器に、水をいれます


② ツル植物をお皿の縁に一周沿わせるように置きます

  

(今回使ったツル植物は、よく道ばたや空き地で見かけるカラスノエンドウです。)





③ ②のツルにからませたり、お皿の縁にもたれかけさせたりしながら花を足してできあがり!!!


同系色でまとめる、カラフルに、花の種類を少なく or 多くする等変えてみるとまた違った雰囲気も味わえます。



次に室内の観葉植物には、春の恒例行事の剪定です。

まだ小さな植物にする必要はありませんが、大きめのものや、葉が茂り過ぎているものは剪定します。


今回は、シェフレラ・リサ。

葉が茂りすぎていて、さわやかさが無くなってしまった、


かわいそうなシェフレラ・リサ。


剪定は何度か少し離れて、全体を見ながら切っていくと失敗しにくいように思います。


こんな感じに仕上がりました!


剪定してあげることで、見栄えが良くなるのはもちろんのこと、風通し良くなるので、病気や害虫が繁殖しにくくなります。



やっぱり春のお花見と言えば、桜!この季節には桜の器の出番です。

いつもと同じお茶を飲むにしても、桜の湯飲みに注げば気分が上がります。

MANEKU Tips

剪定した葉は、捨てずに水挿しします

剪定した時にカットした葉は、捨てずに水挿しします。2か月程で発根してきますので、ある程度根が伸びてきたら鉢上げします。(発根までにかかる日数は種類により異なります)

記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる