Thursday

ガラスのアートピースや器で春のお花畑出現?!おうち花見で春満喫!

春のお花畑をイメージして、お気に入りのガラスのアートピースや季節の花を飾って春のインテリアを楽しんでいます。最近お迎えしたガラスのバードや、春にぴったりのプレートなど、実用例とともにご紹介させていただきます。おうちに桜を咲かせて?!桜餅やいちご大福を手作りして、おうち花見で春を満喫です! 続きを読む

Today's MANEKU Style

お花畑をイメージした色合わせ

棚にガラスのアートピースや季節の花を飾って、春を楽しんでいます。

週末に飾るものを入れ替えるのも楽しみです。


この棚はリノベした時につけてもらいました。

稼働式なので、今は背の高いアートフローラ250mmに合わせて中段を広げています。下段にはマグカップなど高さのないものを。

棚の下にはunicoの小型の食器棚を置いていますが、隙間の空間にiittalaオーナメントボウルなどを収納しています。



季節や天気、その日の気分に合わせて…


今日はイエローとピンクに寄せてとか、今日はブルーの子たち、など、選ぶ時間も楽しいです。


黙って出して、棚に並べて眺めて首をひねって、しまって入れ替えてまた出してニンマリ、の繰り返し。

もし知らない人がみたら、ちょっと滑稽にみえるかもしれません(笑)

ガラスのバードさんに魅せられて

ガラスのバードや、ポムポム、ロリポップと呼ばれるアートピース。


私は北欧の器やアートピースを好きになってからまだほんの数年なので、あまり詳しくは語れませんが、1つお迎えしたら、もう1つ並べたくなり、さらにもう1つ、と、不思議な魅力を持っています。


以前はガラスのトリにこんな金額、自分とは関係ない世界だと思っていました。

それがいつしか今年のアニュアルバードは欲しいとか、iittala表参道店オープン記念のシエッポ(ガラスのバードの名前)が欲しいとか、いっちょ前に言い出すのですから、不思議です😂

寸劇!桜が咲いた日

「わー🌸桜が咲いたよー。」

「ボク、みんなを呼んでくる。」

「桜だよー。」

「みんなで観に行こ〜」

「密はダメだよー。」

ゾロゾロ

(飛ばないんだ😂)

おわり


こんなことして遊んでいるわけです(笑)

春はテーブルの上にも

ラタンのサイドチェア越しにスンヌンタイマグカップとバードにお花。

今更なのですが、生まれて初めて和菓子を作りました。


お出かけしないからと言い訳して、頻繁にイチゴのスイーツを作ったり、買ったりして、春を満喫しています。

器を合わせて選ぶのも楽しいです。

桜餅をのせたお皿は、ヨーガンレール/ババグーリの銀彩の平皿。

銀彩のお皿、経年変化があるそうなので楽しみです。同時期に購入したお皿でも、すでにかなり色味が異なります。


カップ&ソーサーは、ARABIA社のLeena(レーナ)です。

ピンクの小花は桜だという話も。

ライヤ・ウォシッキネンという方のデザインで、1970年前後のものだそうです。

春になるとお花見のように眺めたくなるカップです。

ちょっと不細工ないちご大福も初めて作りました。

プレートはティーマリネン。

ラテマグはおなじみ、マリメッコのヴィヒキルースです。

iittalaブランド140周年を迎えた今年、2018年に販売されたサマーカラーコレクションの中から日本限定で販売された「ティーマリネン」。

日本限定です(大事なことは2度言う)。


当初発売されたマグに加え、今回はプレート、ボウルの展開も。写真のプレートは17cmです。

落ち着いた色味がなんにでも合いやすく、ホワイトの合わせとまたちがって新鮮に感じます。

最近ヘビロテです。

イチゴのデニッシュをのせたのは、iittala表参道店で選んだカステヘルミのダークグレーのプレート。

こっくりしたツヤ感で、室内の灯りの下でも、自然光の中でもとても素敵です。

カップ&ソーサーは、ARABIA社のAPILA(アピラ)です。

パラティッシシリーズと同じ、ビルガー・カイピアイネンのデザイン。


アピラはフィンランド語でクローバー🍀で、私が北欧食器好きになった頃には既に廃盤、こちらはフリマサイトでコレクターの方からお譲りいただきました。


お客さまは相変わらず相棒のソラです(笑)

MANEKU Tips

こんな時はこんな桜も

ネット通販で「マジック桜」を買ってみました。

同封のウォーターを振りかけると、約6時間で桜が開花します。

なかなか外出ができないこの時期に、こういったアイテムでおうち花見を楽しむのも良いですね。

記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる