Saturday

クリスマスにぴったり「くるみのスノーボールクッキー」のレシピとハッピー気分のツリー皿

いよいよクリスマスの時期がやってきました。クリスマスになると私が作りたくなるのはクッキー!今回はそんなクリスマスクッキーの中でも特に大好きで、家族や友達からも大人気な「くるみのスノーボール」のレシピをお伝えします。毎年使うのが楽しみで、クリスマスをハッピーな気持ちにさせてくれるとっておきのツリー皿もご紹介。ぜひ楽しいおうちクリスマスの計画を立ててみてくださいね♪ 続きを読む

Today's MANEKU Style

毎年クリスマスの季節になると作る「くるみのスノーボール」♪

クリスマスになると作りたくなるクッキー!

ラッピングしてツリーに飾ったり、お友達にプレゼントしたり、パーティーのお菓子として出したりと出番はたくさん♪

今回は、クリスマスクッキーの中でも特に私が大好きで家族や友達からも大人気な「くるみのスノーボール」。

真っ白でコロンとした見た目が雪だるまのようで、とってもかわいらしいです。クリスマスにぴったりなお菓子で、寒い季節になると毎年何度も作っています。

作り方はとっても簡単なのですが、その味は格別で、食べ出したら止まらなくなるやみつきスイーツです!

仕上げに粉砂糖をたっぷりまぶすので、クッキー自体の甘さは控えています。そのため甘くて美味しいけど、甘すぎず沢山食べても重くありません。

ローストしたくるみのカリッとした食感と香ばしさも良いアクセントになっています。

やみつきになる美味しさ!「くるみのスノーボール」の簡単レシピ

【くるみのスノーボールのレシピ】

〈材料〉36個分

くるみ80g

薄力粉140g

アーモンドプードル60g

バター120g

グラニュー糖25g

粉糖(まぶす用)適量


〈作り方〉

(下準備)

・バターを常温に戻し、柔らかくしておく。

・くるみを細かく刻み、100度に予熱したオーブンで10分加熱し、カリッと香ばしくローストする。

①バターと砂糖を大きめのボウルに入れ、ハンドミキサーでしっかり混ぜる。真っ白になるまでよーく混ぜるのが美味しく作るコツです!

②薄力粉とアーモンドプードルをふるい入れ、ゴムベラで切るように混ぜる。決して練らずにさっくり混ぜるのが、カリッとしたクッキーを作るためのポイントです!

③まだ少し粉っぽさが残っている間にくるみを入れ、ゴムベラで混ぜ、くるみが全体にムラなく行き渡るようにする。

④手でひとまとめにする。先に1粒12gに全て分け天板に並べる。次に手でまん丸に丸め、オーブンシートを敷いた天板に隙間を空けて並べる。生地がベタつくようなら一旦冷蔵庫で冷やすと、扱いやすくなります。

⑤170度に予熱したオーブンで25分焼く。12分経ったら、焼きムラを防ぐためにオーブンの上段と下段を入れかえる。

⑥天板に置いたまま冷ます。完全に粗熱がとれたら、粉糖をたっぷり入れたビニール袋にクッキーを入れて、揉んで全体に粉糖をまぶす。少ない粉糖で薄くまぶすより、しっかりまぶした方が可愛らしく仕上がります!また少しでも熱が残った状態で粉糖をまぶすと、ベチャベチャして見た目が悪くなります。30分前後しっかり冷ましてからまぶすと、綺麗にまぶせます。

クリスマスにぴったりなツリー皿

毎年クリスマスの時期になると出す、クリスマスツリーの形のお皿。

手作りのクッキーやケーキを置いて食べると、ハッピーな気持ちになれます♪

シンプルな見た目ですがよく見ると、ベルや雪の結晶、ツリーの飾りなどの絵が描かれていてとてもかわいらしいです♪

季節もののお皿は使える時期が限られてしまうけど、だからこそ特別感があっていいですよね。

みなさまも今年は、毎年使うのが待ち遠しくなるようなとっておきのクリスマス皿をゲットしてみてはいかがでしょうか!

MANEKU Tips

クッキーのラッピングにおすすめ!「クリップシーラー」

先日「クリップシーラー」を購入しました!クッキーラッピングに非常に重宝しています。この道具を使えば、テープを使わず熱でラッピング袋を密閉できるので、お店のような仕上がりになります。クリスマスクッキーをお友達にプレゼントするときにも、大活躍しそうです。お菓子作りをする方には超便利アイテムです。5000円前後で購入できるので、ぜひクリップシーラーでのラッピングに挑戦してみてください♪

記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる