Thursday

春の食材メニューで食卓にさりげなく春を感じるドレッサージュ

菜の花を使ったサラダや、くすみピンクのお花を飾り、アンティークな雰囲気の食卓で、家族をおもてなし!季節替わりの食材を味わう事ができるこの時期は、食卓から春を存分に感じましょう。家族にも少しずつ、さりげなく春を感じてもらえるように、簡単に華やかに演出できるテーブルコーデ術をお教えします。 続きを読む

Today's MANEKU Style

テーブルの上から春を取り入れて

「春は名のみの 風の寒さや」(早春賦より)

暦の上では春を迎えても、目に映る景色はまだまだ冬の名残なこの時期。家族の集まる食卓には、一足早く視覚で春を感じるアイテムを取り入れたくなります。

少しずつ、さりげなく、春を迎え入れて。

暖かい季節は、もう、すぐそこまで来ていますよ。

先日、2月14日はバレンタインデーでしたね。我が家は私を除き全員男子です。

隠れ長男の主人を筆頭に、賑やかな四兄弟(笑)。

さりげなく春を取り入れて、私から家族へのおもてなしごはんを。

メインは煮込みハンバーグ。

きのこたっぷりのデミグラスソースで。

自分が食べたくて(笑)作ったブイヤベース。

魚介の旨味たっぷりで、三男はご飯にかけてリゾット風に。

たくさんおかわりもしてくれました。

久しぶりに焼いたプチパン。

デミグラスソースにもブイヤベースにも合いますが、写真のトリュフオイルand岩塩の組み合わせも美味しすぎておすすめです。

トリュフオイルは成城石井で購入しましたよ。

春の味覚、菜の花サラダ。

とろとろの半熟卵andまろやかな胡麻ドレッシングと合わせることで苦味も気になりませんでした。

春がテーマのおもてなしごはんには、春の花を添えて。

くすんだピンクに惹かれてお持ち帰りしたスイートピーは、テーブルコーデをアンティーク調に演出してくれるのでお気に入りです。

MANEKU Tips

おもてなしで魅せたいドリンクの注ぎ方

こちらでは前回までに引き続き、おうちごはんでのおもてなしのヒントを。

今回はドリンクの注ぎ方です。


ビールはグラスを傾けず、少し高い位置から注ぎ始め、泡が立ったら位置を低くし優しく注ぎます。

そうすることで時間が経っても消えない泡になりますよ。

写真はノンアルコールビールですが、こちらでもしっかりと泡ができました。

ぜひお試しください。

記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる