Friday

スワッグの作り方をご紹介!たっぷり楽しめるミモザのある暮らし

自宅で育てているまあるい葉っぱがかわいらしい「パールアカシア」の花芽が膨らんできました。見ているだけでも元気が湧いてきそうな黄色のお花をおうちに飾って春の訪れを感じています。簡単にできるスワッグの作り方もご紹介しています。ドライフラワーにもしやすいので、お気に入りの場所に飾って長く楽しみませんか? 続きを読む

Today's MANEKU Style

大人気のミモザで

黄色の花がとても可愛いミモザ。

わたしが育てているのは丸っこい葉っぱも可愛らしい「パールアカシア」。

ミモザは秋に花芽をつけ、冬を越して翌年の春に向けて少しづつその花芽が膨らんで…

なので、年間を通して季節を感じる事が出来ます。

それに常緑なのでとてもおすすめ。

そのミモザをインテリアでも楽しんじゃいます。

もうすぐ春!

玄関ガーデンで育てているパールアカシアが咲いたので少しだけカットして飾りました。

黄色の小さなお花がふわふわ ほわほわ。

見ているだけで元気が貰えるし、お部屋がパッと明るくなります。

ミモザは春を告げる花として、世界中で愛されているお花。

イタリアでは男性から女性にミモザの切り花を贈るのがならわしだとか。



そんなミモザはドライにもなりやすいので、活けるだけではなくリースやスワッグにしても楽しめるので私も大好きです。

3月8日は「ミモザの日」


お住いにもよるとは思いますが、この頃まではお花屋さんでも切り花が売られているので

ぜひ飾ってみてくださいね。


あ、リースやスワッグにするには、フレッシュなうちにするのがおすすめです♡

好きな長さにカットして余分な葉は取ります。

バランスをみながらたばねたら輪ゴムで固定。

輪ゴムを隠す感じで紐をぐるぐると巻けば出来上がりです。

百均に売っているリボンや麻紐を巻いても良いですよね。

今回は布の端切れを切って結んでみました。

お部屋に春を取り入れて明るく過ごせたらよいですよね。

MANEKU Tips

長く楽しめるお花をインテリアにとりいれる

ミモザもそうですが、色んな楽しみ方があるものがおすすめです。

なので我が家ではミモザの他にユーカリポポラスも育てています。

それと紫陽花を何種類か‥

どれも活けても楽しめるし、ドライにしてお部屋に飾って長く楽しむことも◎

リースにしたりスワッグにしたり作るのも楽しい時間。

育てるのが難しいなら、お花屋さんでドライになっても楽しめる切り花を買ってみたりはどうですか。

記事一覧へ

本当にコメントを削除しますか?

「いいね!」してくれて
ありがとうございます!

あなたのライフスタイルも
投稿してみませんか?

やってみる